レンズの仕組み


レンズの仕組み : 光学顕微鏡 と 電子顕微鏡

  • 目的
    電子顕微鏡は、その名前だけは誰もが聞いている装置ではあるが、具体的にどのような仕組みで、何ができるのか?といったことについては知らない方も多い様に思われる。そこで、「高校生」を対象に、中学校で習ってきた内容をもとに、レンズの仕組みを学び、電子顕微鏡に興味を持っていただく講義を考えた。
    (1)少人数スタッフで実施する(指導員が1名でも可能な体験実習の方法を検討する)。
    (2)機材を持ち運び可能なほど最小限とする(指導員が1名でも、出張で体験実習が可能な方法を検討する)。
    (3)中学校で習った「光の屈折・回折」、「フレミングの左手の法則」といった内容が、レンズの仕組みとどのように関連するのかを体験する。
  • 水、スライドガラス、5円・50円硬貨を使ったレンズの作製
photo

     図 1
     水、スライドガラス、5円・50円硬貨を使ったレンズ

用語の解説

  • 光が、種類の違う物質に入射した時、その物質の境界で進行方向が変わる現象。
  • フレミングの左手の法則
    • 磁場内において、電流が流れる導体に、力が発生する現象(ローレンツ力)にいて、電流・磁場・力のそれぞれの方向を示す方法。

これまでの実績

  • 2018年
    • 10月03日 島根県立 松江南高等学校

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-25 (金) 09:54:00